言語スキル

主な用途

  • 言語が通じる街のNPCと会話が出来る
  • 交易のみならば、「身体言語」スキルでの代用で間に合うが学問やクエストにおいて必要になる場合がある。
  • 言語が通じる街の書庫で各学問の地図を探せる
  • 言語が通じる街の依頼仲介人からクエストの請負条件の場合あり
  • オスマン勢力下の変装が必要な港で変装に必要な値が緩和できる(アラビア語、トルコ語)

注意事項

  • 身体言語を取得するまでは、迂闊に言語スキルを忘却しない方が良い。
  • 言語を取得に向かう際に、取得先の言語が話せないと覚えられない。(身体言語で代用可)
  • 母国語は、忘却できない。
  • 副官が持っている言語スキルで代用可
  • 艦隊メンバーが持っている言語スキルで代用可
  • 主に大都市(堺を除く依頼仲介人が居る街)の翻訳家が販売している「翻訳メモ」でも代用可
  • 生産品の「辞書」でも代用可(流通量極めて希少)
  • 言語が通じないと艦隊が組めない
  • 言語が通じない航海者同士でトレードが出来ない
※「バザール」を経由する回避方法を使うか、何れかが「翻訳メモ」等で双方が所有している言語とすり合わせる必要がある。

ネーデルランドの場合

最初から「ドイツ語」「フランス語」「オランダ語」「英語」を取得している。
序盤から向かう事があるベルゲン、オスロ、コペンハーゲンヴィスビー、ストックホルムに向かう場合にロンドンの海事ギルドで「ノルド語」を取得する事を覚えておけば遠出して言語が通じないといった深刻な事態に陥る事は少ない。
 北海最奥のリガは、「スラブ諸語」で最寄でもアントワープのマリア王妃から言語取得するか、「身体言語」を取得するまでは、NPCも若干強く、初心者が行き詰まり安い海域で絶対に近寄らない方が良い。

※赤字は、危険海域遠出する際は、要注意。

念のため、序盤使いやすい言語の最寄取得先を記載する。

言語 使用可能港 取得先 取得先言語
(身体言語で代用可)
英語 ロンドン、ドーバー、エディンバラ、プリマス、ダブリン、ヘルデル、グランドケイマン アムステルダム/エラスムス オランダ語
オランダ語
※母国語を忘れようがないが・・・
アムステルダム、ヘルデル、アントワープ、フローニンゲン、ドーバー、ウィレムスタッド、アンボイナ、テルナーテ ロンドン/シェイクスピア 英語
ドイツ語 ブレーメン、ハンブルク、リューベック、ダンツィヒ アムステルダム/海事ギルド オランダ語
フランス語 ドーバー、カレー、ボルドー、ナント、マルセイユ、モンペリエ、カルヴィ、カイエンヌ アムステルダム/ルーベンス(議長官邸) オランダ語
ポルトガル語 ヒホン、オポルト、リスボン、ファロ、セウタ、マディラ、カサブランカ、アルギン、カーボヴェルデ、アビジャン、サンジョルジュ、サントメ、ペルナンブコ、バイーア、リオデジャネイロ アムステルダム/メルカトール オランダ語
スペイン語 ヒホン、ファロ、セビリア、マラガ、バレンシア、バルセロナ、パルマ、ラスパルマス、サッサリ、カリアリ、サンフアン、サントドミンゴ、ジャマイカ、サンディアゴ、ハバナ、ナッソー、ヴェラクルス、メリダ、トルヒーヨ、ポルトベロ、アカプルコ、パナマ、ブエノスアイレス、サンアントニオ、リマ ロンドン/シェイクスピア 英語
イタリア語 ジェノヴァ、ピサ、サッサリ、カリアリ、カルヴィ、ナポリ、シラクサ、アンコナ、ヴェネツィア、トリエステ、ラグーザ、ザダール、カンディア、カラカス リスボン/バルディ頭取 ポルトガル語
アラビア語 アルジェ、チュニス、トリポリ、カサブランカ、イスタンブール、アレクサンドリア、カイロ、ベイルート、ヤッファ、トレビゾント、ナポリ、ヴェネツィア、アデン、マッサワ、スエズ、マスカット、バスラ セビリア/トメ・ピレス スペイン語


大まかには・・・。
オランダ語、英語が北海等
ポルトガル語が西地中海、西アフリカ、中南米東岸等
スペイン語が西地中海、カリブ海、中南米西岸等
フランス語が南仏、北仏等
イタリア語がイタリア周辺等
アラビア語が東地中海、黒海等

一応覚えておくと良いかもしれない。


  • 最終更新:2010-04-16 20:36:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード