フローニンゲン

furo-ningen.jpg
発展度70000

交易品は、魚肉、蜂蜜、ジン、毛皮、2010年10月に砲弾が追加。各種1種類ずつで特徴が少ない港。

 ただし、造船に関しては、ブートシップを初めとするネーデルランド投資者しか取り扱えない高性能船が造船可能になっている。昨今は、フローニンゲン工房で取り扱われている小型船の部品をベースに造船所の親父からかった船を簡易強化し、序盤から比較的高性能(積載量が多い)船に改良する方々も散見される。

交易品に関しては、宝石と香辛料の一部が高く売れると噂されている。
最近は、毛皮で繊維暴落しない利点を生かし、南蛮交易品(あおそ)売り場としても活用されている。

  • 最終更新:2010-10-10 01:44:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード